支払いが困難ならば任意売却|単純明快な話し合いで楽勝売却

Real estate personal service

予め理解すること

一戸建て信仰と親の影響力が強い名古屋の地域特性

Real estate personal service

名古屋では築浅物件でも一度誰かが住んで中古になった時点で新築時の販売価格の2割引きは当たり前、と言われるくらいに中古物件に対してはシビアな相場感覚があります。また、家族の結びつきの強い名古屋では、親が子供の住宅購入に一定の援助をするケースが多いのですが、それと合わせて、親の意向が実際に不動産を購入する本人たちにかなりの影響力を持っています。そしてその親世代は一戸建て信仰が未だにかなり色濃く残っています。名古屋で不動産売却を行う際は、この地域特性は予め押さえておかないとなかなか不動産売却の話が先に進ま無くなるケースが多いです。特にマンションを売却する場合は、周辺の新築マンションの相場を確認して、それと整合性の取れた価格設定にしておかないと、名古屋の場合、物件見学に来る人すらなかなか見つからないというケースも出てきます。また、物件見学の際には実際に住むわけではない、購入検討者の親がついてくることがありますが、こういう時は親が資金提供をする予定である可能性が高いです。親が気に入るように、説明やアピールをすることが重要です。

戸建を売る際は更地にして土地のみで売却する方が有利

一戸建ての不動産売却を考える場合は、予め土地を更地にしておいた方が不動産売却の話がスムーズに進みやすくなります。不動産の業界関係者でない一般の人の場合、建物が残っていると、更地になった時のイメージを想像することは簡単なことではありません。特に古い物件や、木造アパートの物件が残っていると、建物は関係ないにもかかわらず、建物のイメージでネガティブな印象を持ってしまいがちです。木造であれば更地にするのに坪5万程度の費用で済みます。不動産売却の価格を設定する際に、更地化する費用も込みで価格を設定する前提で、予め更地化してしまった方が買い手はつきやすいです。加えて前の物件が残っていると、その物件を更地化するコスト分の値引き、もしくは予め売り主負担で更地にしてくれることを条件に購入するといった要望が出るケースが多いです。それも見越して、更地にした上で不動産売却の情報公開を行った方が、より高値で売れやすいというメリットがあるのです。